広島から西日本、そして全国へ 傾いた家を持ち上げ、快適な生活を!有限会社オプト

香川県三豊市A様邸 - 2017年8月の施工実績 | 家の傾き修理・地盤沈下修正なら有限会社オプト

ホームページからのお問い合わせはこちらから

香川県三豊市A様邸

工事データ

工事時期: 2017年8月
工事内容: アンダーピニング沈下修正工事 (家の傾き修正)
基礎の形状: 無筋布基礎
鋼管杭箇所数: 11箇所
鋼管杭最長圧入長さ: 6.2m
最大圧入t(トン)数: 10t
基礎補強長さ: 41m
ジャッキアップ(持ち上げ)箇所数: 11箇所
ジャッキアップ(持ち上げ)量: 93mm
工事責任者: 高橋 よりコメント
施主様から、「親から受け継いだ家だが、借家として活用したい。しかし、道路を行き交う車の振動が原因で、家屋の道路側が傾いてしまった。その傾きを修正して欲しい。」とのご相談がありました。
伺って状況を確認しますと、無筋の布基礎や外壁に割れが生じ、家屋の一部分が大きく傾いた状況でした。
工事は、イレギュラーの所は計画変更を、また一部、計測数値の値よりも建具の閉まり具合を優先するなど、施主様との活発な意見交換を行いながらの施工でした。
ジャッキアップ(家の持ち上げ)を行っている時、施主様から、全く開け閉めできなかった廊下の扉が、スムーズに開閉できるようになったと伝えに来られる場面もありました。
「廊下を歩いていても違和感が無く、これで人に貸せる。」と施主様に喜んで頂きました。
工事施工図
家の傾き修正アンダーピニング工事

家の傾きの施工前の状態から、どのような工事内容を行って、
最終的にどのような形で工事を終えたのかを紹介しています。

施工前
施工前図面

初期計測時は、無筋の布基礎が割れを起こしていたりした原因で細長い建物の長手面の片側が沈下を起こしている状況でした。

施工図面
施工図面

鋼管杭は鋼管杭を圧入する箇所
補強用鉄板は基礎補強・帯鉄板で補強を行う箇所
施工計画では、悪くなっている箇所を重点的に修正する部分矯正を行いました。建物形状が細長い造りだったため、短手方向に対しては基礎補強をしっかりと行うことで、片側の長手面を持ち上げたのと一緒に家全体がバランス良く持ち上がる計画を立てました。

施工後
施工後

施工計画通り、家全体の傾きはしっかりと直りました。また、無筋で割れが生じていた基礎で車の通った際の道路からの振動に対して、しっかりとした基礎補強をしていますので、車の通る振動による基礎への影響を以前よりは軽減されました。

工事写真
1.施工前状況、掘削作業
  • 写真画像1
  • 写真画像2
2.基礎補強
  • 写真画像3
  • 写真画像4
  • 写真画像5
3.鋼管杭圧入
  • 写真画像6
  • 写真画像7

    溶接繋ぎ

  • 写真画像8
4.ジャッキアップ
  • 写真画像9
  • 写真画像10

    ジャッキアップ後

  • 写真画像11

    ジャッキアップ後

5.鋼管杭固定
  • 写真画像12

    固定溶接

  • 写真画像13

    杭頭処理

6.基礎下モルタル注入
  • 写真画像14
  • 写真画像15
7.防錆剤塗布 埋め戻し
  • 写真画像16
  • 写真画像17
8.工事前後比較
  • 写真画像18

    施工前

  • 写真画像19

    施工後

香川県の施工実績一覧です。

合計工事件数:2

オプトのアンダーピニング修正工事では、下記の項目が重要な要素となります。
基礎の形状、杭数、最長杭の長さや基礎補強の長さによって工期や施工価格が決定しています。
参考にしたいリストをクリックすると詳細をご覧いただけます。

※一部、詳細をご覧いただけない施工事例もあります。

場所 時期 工事名 基礎形状 杭数
(本)
最長杭の
長さ
(m)
基礎補強の
長さ
(m)
持ち上げ量
(mm)
高松市 2018年10月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 7 5.4 23 37
三豊市 2017年8月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
無筋布基礎 11 6.2 41 93

場所:施工場所
時期:施工時期
工事名:どのような工事を行ったか
価格帯(税込):おおよその価格帯
基礎形状:基礎の形状(ベタ基礎/布基礎/無筋布基礎/ブロック基礎など)
杭数(本):鋼管杭を施工した箇所本数
最長杭の長さ(m):鋼管杭が最長何m地中に入って家屋を支えているかのメートル数
基礎補強の長さ(m):基礎に鉄板を施工し、基礎の補強を行った範囲
持ち上げ量(mm):ジャッキアップにより家屋を持ち上げた量