熊本県八代市K様邸 - 2018年1月の施工実績 | 家の傾き修理・地盤沈下修正なら有限会社オプト

ホームページからのお問い合わせはこちらから

熊本県八代市K様邸

工事データ

工事時期: 2018年1月
工事内容: アンダーピニング沈下修正工事 (家の傾き修正)
基礎の形状: ベタ基礎
鋼管杭箇所数: 15箇所
鋼管杭最長圧入長さ: 16.3m
最大圧入t(トン)数: 10t
基礎補強長さ: 38m
ジャッキアップ(持ち上げ)箇所数: 14箇所
ジャッキアップ(持ち上げ)量: 60mm
工事責任者: 道生 隆治 よりコメント
熊本地震で土地が液状化し、家も傾いてしまったそうです。タンスの引き出しがいつのまにか開いていたり、ドアが勝手に閉まるなどの状況になっていました。建築時の地盤調査では、地下約2mの所にしっかりした地盤があるとの事でしたが、いざ施工してみますと最大16m以上も鋼管杭が入りました。沈下修正後では、「タンスの引き出しがしまったままになった。」と喜んでいただけました。作業優先のご配慮など、色々とお気遣いもいただき、本当にありがとうございました。
工事施工図
家の傾き修正アンダーピニング工事

家の傾きの施工前の状態から、どのような工事内容を行って、
最終的にどのような形で工事を終えたのかを紹介しています。

施工前
施工前図面

熊本地震での土地の液状化に伴って地盤が沈下し建物が傾いていました。ベタ基礎で作られているため家全体がほぼ均一に図面右側に向かって傾いています。

施工図面
施工図面

鋼管杭は鋼管杭を圧入する箇所
補強用鉄板は基礎補強・帯鉄板で補強を行う箇所
施工計画では、家の右半分をジャッキアップすることによって、ベタ基礎の頑丈なのを利用して家全体のバランスを保ったまま全体の傾きが直るように計画しました。

施工後
施工後

施工後は、施工計画通り、右半分のジャッキアップで家全体のバランスを保って傾きのない状態まで戻すことができました。

工事写真
1.掘削作業
  • 写真画像1
  • 写真画像2
2.基礎補強
  • 写真画像3
  • 写真画像4
3.鋼管杭圧入
  • 写真画像5
  • 写真画像6
4.ジャッキアップ
  • 写真画像7
  • 写真画像8
5.鋼管杭固定
  • 写真画像9
  • 写真画像10
6.基礎下モルタル注入
  • 写真画像11
  • 写真画像12
7.防錆剤塗布、鋼頭処理、埋め戻し
  • 写真画像13
  • 写真画像14

熊本県の施工実績一覧です。

合計工事件数:6

オプトのアンダーピニング修正工事では、下記の項目が重要な要素となります。
基礎の形状、杭数、最長杭の長さや基礎補強の長さによって工期や施工価格が決定しています。
参考にしたいリストをクリックすると詳細をご覧いただけます。

※一部、詳細をご覧いただけない施工事例もあります。

場所 時期 工事名 基礎形状 杭数
(本)
最長杭の
長さ
(m)
基礎補強の
長さ
(m)
持ち上げ量
(mm)
八代市 2018年1月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 15 16.3 38 60
上益城郡 2017年11月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
基礎無し、束石、束柱(古民家) - - 29 69
熊本市 2017年6月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 14 24.6 34 95
熊本市 2017年2月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 8 16.8 35 100
上益城郡 2017年2月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 13 14.4 35 35
上益城郡 2017年1月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 13 23.2 47 82

場所:施工場所
時期:施工時期
工事名:どのような工事を行ったか
価格帯(税込):おおよその価格帯
基礎形状:基礎の形状(ベタ基礎/布基礎/無筋布基礎/ブロック基礎など)
杭数(本):鋼管杭を施工した箇所本数
最長杭の長さ(m):鋼管杭が最長何m地中に入って家屋を支えているかのメートル数
基礎補強の長さ(m):基礎に鉄板を施工し、基礎の補強を行った範囲
持ち上げ量(mm):ジャッキアップにより家屋を持ち上げた量