熊本県上益城郡Y様邸 - 2017年11月の施工実績 | 家の傾き修理・地盤沈下修正なら有限会社オプト

ホームページからのお問い合わせはこちらから

熊本県上益城郡Y様邸

工事データ

工事時期: 2017年11月
工事内容: アンダーピニング沈下修正工事 (家の傾き修正)
基礎の形状: 基礎無し、束石、束柱(古民家)
鋼管杭箇所数: -箇所
鋼管杭最長圧入長さ: -m
最大圧入t(トン)数: -t
基礎補強長さ: 29m
ジャッキアップ(持ち上げ)箇所数: 16箇所
ジャッキアップ(持ち上げ)量: 69mm
工事責任者: 越道 真悟 よりコメント
施主様から「熊本地震で家の一部の傾きがひどくなった。自分で直そうと市販のジャッキで試みたが、全く歯が立たない。」とのご相談がありました。調査に伺って見ますと、いわゆる古民家、この機にリフォームされるとのことで内部は取り払われた状態でした。基礎が無い為、工法、費用面で施主様と相談し、束柱からのジャッキアップ工事となりました。
施工にあたっては、束石、束柱やほぞ組みの形状がそれぞれ違うため、全てその場での寸法取りから行うものとなりました。束柱の多くが腐っていたり外壁が柱についてこなかったり等ありましたが、その都度、細工を施し対応していきました。施主様は施工後の状況を見られた瞬間「直ってる!あれだけ苦労して上がらなかったのに、直ってる!」と喜んで頂けました。
工事施工図
家の傾き修正アンダーピニング工事

家の傾きの施工前の状態から、どのような工事内容を行って、
最終的にどのような形で工事を終えたのかを紹介しています。

施工前
施工前図面

熊本地震で被災された古民家でした。古民家というだけあり、基礎はなく、束石に束柱が立っているつくりの家でした。そうなってくると家の傾き修正前の沈下の値もバラバラになっています。

施工図面
施工図面

鋼管杭は鋼管杭を圧入する箇所
補強用鉄板は基礎補強・帯鉄板で補強を行う箇所
基礎がなく束石に束柱での基礎のため、いつものような基礎補強で全体のバランスをとりながらジャッキアップすることはできません。そのため、束や地面に力が伝わっている箇所をそれぞれジャッキアップして全体のバランスを取るという計画を取る必要がありました。
また、束を持ち上げるときに片側からのジャッキアップだと偏心してしまうので均等に力をかけられる様に一つの束に対して2本のジャッキをセットして持ち上げる計画にしました。

施工後
施工後

ジャッキアップ完了後、数字上も体感上もしっかりと直りました。こういった古民家の場合、とても計画や施工では気を使いますがオプトではこれまでに数件こなしてきていることもあり、しっかりと対応することが可能です。

工事写真
1.掘削作業
  • 写真画像1
2.帯鉄取付
  • 写真画像2
  • 写真画像3
3.ジャッキアップ
  • 写真画像4
  • 写真画像5
4.サポート材(傾き修正を維持する器具)設置
  • 写真画像6
  • 写真画像7
5.サポート材の固定
  • 写真画像8

    固定溶接

  • 写真画像9
6.束柱下への詰め物
  • 写真画像10
  • 写真画像11
7.防錆処理
  • 写真画像12
  • 写真画像13
8.その他
  • 写真画像14

    施工前

  • 写真画像15

    施工後

熊本県の施工実績一覧です。

合計工事件数:5

オプトのアンダーピニング修正工事では、下記の項目が重要な要素となります。
基礎の形状、杭数、最長杭の長さや基礎補強の長さによって工期や施工価格が決定しています。
参考にしたいリストをクリックすると詳細をご覧いただけます。

※一部、詳細をご覧いただけない施工事例もあります。

場所 時期 工事名 基礎形状 杭数
(本)
最長杭の
長さ
(m)
基礎補強の
長さ
(m)
持ち上げ量
(mm)
上益城郡 2017年11月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
基礎無し、束石、束柱(古民家) - - 29 69
熊本市 2017年6月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 14 24.6 34 95
熊本市 2017年2月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 8 16.8 35 100
上益城郡 2017年2月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 13 14.4 35 35
上益城郡 2017年1月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 13 23.2 47 82

場所:施工場所
時期:施工時期
工事名:どのような工事を行ったか
価格帯(税込):おおよその価格帯
基礎形状:基礎の形状(ベタ基礎/布基礎/無筋布基礎/ブロック基礎など)
杭数(本):鋼管杭を施工した箇所本数
最長杭の長さ(m):鋼管杭が最長何m地中に入って家屋を支えているかのメートル数
基礎補強の長さ(m):基礎に鉄板を施工し、基礎の補強を行った範囲
持ち上げ量(mm):ジャッキアップにより家屋を持ち上げた量