広島から西日本、そして全国へ 傾いた家を持ち上げ、快適な生活を!有限会社オプト

島根県出雲市T様邸 - 2019年11月の施工実績 | 家の傾き修理・地盤沈下修正なら有限会社オプト

ホームページからのお問い合わせはこちらから

島根県出雲市T様邸

工事データ

工事時期: 2019年11月
工事内容: アンダーピニング沈下修正工事 (家の傾き修正 沈下防止)
基礎の形状: 布基礎
鋼管杭箇所数: 11箇所
鋼管杭最長圧入長さ: 11.5m
最大圧入t(トン)数: 10t
基礎補強長さ: 43m
ジャッキアップ(持ち上げ)箇所数: 11箇所
ジャッキアップ(持ち上げ)量: 15mm
工事責任者: 高橋 よりコメント
古くからある家屋に増改築を重ね、その増築部が沈んで引っ張っているのか、元からある家屋の柱も傾いてきている状況のお家でした。施主様からは沈下が進行しているようなので、これ以上進行しないようにして欲しいとのご要望があり、沈下防止の施工を行う事にしました。
周辺は地中に岩石が多い地域で、鋼管杭の圧入は難航する作業でしたが、鋼管圧入箇所を1箇所追加し11箇所とし、沈下修正可能な範囲をジャッキアップして修正しました。
施主様は建築関係の仕事をされていることもあり、施工状況を撮影されるなど大変興味深く観察されていました。施工後は、今後沈下しないと思うととても安心できるし、大変勉強になったと話されていました。
工事施工図
家の傾き修正アンダーピニング工事

家の傾きの施工前の状態から、どのような工事内容を行って、
最終的にどのような形で工事を終えたのかを紹介しています。

施工前
施工前図面

家の傾き修正施工前の計測状況です。家全体を増改築を何度かされたことによって部分で状況が違っていました。また、今回は、その一部分を修正するということになりました。

施工図面
施工図面

鋼管杭は鋼管杭を圧入する箇所
補強用鉄板は基礎補強・帯鉄板で補強を行う箇所
施工計画では、増改築の部分がそれほど大きくないことと、その増築した部分が原因で家の全体のバランスが悪くなっていることで、今回の施工範囲に荷重がかかりすぎていることが想定されるため、増築部分を全体的に持ち上げる計画をしました。

施工後
施工後

家の傾き修正施工後の状況です。ほぼ、増築部分全体を持ち上げているため全体にフラットにすることができました。図面右下あたりに少し沈下が残っている数字がありますが、こちらは家全体のバランスを考えるとフラットにするよりもバランスがよい範囲で対応しました。また、当初懸念されていた今後の再沈下に関してはオプトのアンダーピニング工法を工事中にしっかりとみていただいて再沈下はしないと安心していただけました。

工事写真
1.掘削作業
  • 写真画像1
  • 写真画像2
2.基礎補強
  • 写真画像3
  • 写真画像4
3.鋼管杭圧入
  • 写真画像5
  • 写真画像6
4.ジャッキアップ
  • 写真画像7
  • 写真画像8
5.鋼管杭固定
  • 写真画像9
  • 写真画像10
6.基礎下モルタル注入
  • 写真画像11
  • 写真画像12
7.埋め戻し
  • 写真画像13
  • 写真画像14

島根県の施工実績一覧です。

合計工事件数:7

オプトのアンダーピニング修正工事では、下記の項目が重要な要素となります。
基礎の形状、杭数、最長杭の長さや基礎補強の長さによって工期や施工価格が決定しています。
参考にしたいリストをクリックすると詳細をご覧いただけます。

※一部、詳細をご覧いただけない施工事例もあります。

場所 時期 工事名 基礎形状 杭数
(本)
最長杭の
長さ
(m)
基礎補強の
長さ
(m)
持ち上げ量
(mm)
出雲市 2019年11月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正 沈下防止
布基礎 11 11.5 43 15
出雲市 2018年2月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 12 23.5 42 56
浜田市 2016年9月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 21 10 61 100
江津市 2015年10月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 7 4.8 22 20
浜田市 2015年2月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ブロック基礎 3 3.4 7.2 10
浜田市 2012年3月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正工事
基礎無し 1 3 0 35
江津市 2011年7月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正工事
基礎無し 12 8 - 95

場所:施工場所
時期:施工時期
工事名:どのような工事を行ったか
価格帯(税込):おおよその価格帯
基礎形状:基礎の形状(ベタ基礎/布基礎/無筋布基礎/ブロック基礎など)
杭数(本):鋼管杭を施工した箇所本数
最長杭の長さ(m):鋼管杭が最長何m地中に入って家屋を支えているかのメートル数
基礎補強の長さ(m):基礎に鉄板を施工し、基礎の補強を行った範囲
持ち上げ量(mm):ジャッキアップにより家屋を持ち上げた量