島根県出雲市O様邸 - 2018年2月の施工実績 | 家の傾き修理・地盤沈下修正なら有限会社オプト

ホームページからのお問い合わせはこちらから

島根県出雲市O様邸

工事データ

工事時期: 2018年2月
工事内容: アンダーピニング沈下修正工事 (家の傾き修正)
基礎の形状: ベタ基礎
鋼管杭箇所数: 12箇所
鋼管杭最長圧入長さ: 23.5m
最大圧入t(トン)数: 10t
基礎補強長さ: 42m
ジャッキアップ(持ち上げ)箇所数: 12箇所
ジャッキアップ(持ち上げ)量: 56mm
工事責任者: 道生 隆治 よりコメント
以前より気になっていた家の傾きで、ご相談がありました。弊社の工法を気に入っていただき工事のご依頼となりました。施主様はご自身で家の修繕や造作等もされているとのことで、DIYの話をしたり、私たちの作業にも大変興味をもっていただき疑問質問や工法改良のアドバイス等々、施主様とたくさんの会話をしたな~と個人的に思い出に残る工事となりました。また、作業の様子をしっかり見ていただけた事も嬉しく感じました。自慢の技術をもっと多くの人にみてもらいたいな~と改めて思いました。
工事施工図
家の傾き修正アンダーピニング工事

家の傾きの施工前の状態から、どのような工事内容を行って、
最終的にどのような形で工事を終えたのかを紹介しています。

施工前
施工前図面

施工前の家の傾きの状態では、図面上側に向かって大きく沈下して家が傾いている状況でした。キッチン、やトイレ、風呂などの生活空間が多く集まっていることもあり生活上傾きが気になる状況でした。

施工図面
施工図面

鋼管杭は鋼管杭を圧入する箇所
補強用鉄板は基礎補強・帯鉄板で補強を行う箇所
基礎形状がベタ基礎であることも踏まえて、沈下の大きな図面上半分を重点的に持ち上げるように計画しました。また、ベタ基礎の頑丈さを利用してオプト独自の基礎補強を施すことで、直接ジャッキアップで持ち上げない範囲もしっかりと家のバランスを保ったまま多少持ち上がります。

施工後
施工後

施工後は、施工計画通りに家全体の傾きがなくなりました。また、家のバランスも改善され今後も再沈下することなく安心して暮らしていただけます。

工事写真
1.掘削作業
  • 写真画像1
  • 写真画像2
2.基礎補強
  • 写真画像3
  • 写真画像4
3.鋼管杭圧入
  • 写真画像5
  • 写真画像6
4.ジャッキアップ
  • 写真画像7
  • 写真画像8
5.鋼管杭固定
  • 写真画像9
  • 写真画像10
6.基礎下モルタル注入
  • 写真画像11
  • 写真画像12
7.埋め戻し
  • 写真画像13
  • 写真画像14

島根県の施工実績一覧です。

合計工事件数:6

オプトのアンダーピニング修正工事では、下記の項目が重要な要素となります。
基礎の形状、杭数、最長杭の長さや基礎補強の長さによって工期や施工価格が決定しています。
参考にしたいリストをクリックすると詳細をご覧いただけます。

※一部、詳細をご覧いただけない施工事例もあります。

場所 時期 工事名 基礎形状 杭数
(本)
最長杭の
長さ
(m)
基礎補強の
長さ
(m)
持ち上げ量
(mm)
出雲市 2018年2月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 12 23.5 42 56
浜田市 2016年9月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 21 10 61 100
江津市 2015年10月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 7 4.8 22 20
浜田市 2015年2月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ブロック基礎 3 3.4 7.2 10
浜田市 2012年3月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正工事
基礎無し 1 3 0 35
江津市 2011年7月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正工事
基礎無し 12 8 - 95

場所:施工場所
時期:施工時期
工事名:どのような工事を行ったか
価格帯(税込):おおよその価格帯
基礎形状:基礎の形状(ベタ基礎/布基礎/無筋布基礎/ブロック基礎など)
杭数(本):鋼管杭を施工した箇所本数
最長杭の長さ(m):鋼管杭が最長何m地中に入って家屋を支えているかのメートル数
基礎補強の長さ(m):基礎に鉄板を施工し、基礎の補強を行った範囲
持ち上げ量(mm):ジャッキアップにより家屋を持ち上げた量