岡山県岡山市H様邸 - 2017年3月の施工実績 | 家の傾き修理・地盤沈下修正なら有限会社オプト

ホームページからのお問い合わせはこちらから

岡山県岡山市H様邸

工事データ

工事時期: 2017年3月
工事内容: アンダーピニング沈下修正工事 (家の傾き修正)
基礎の形状: 布基礎
鋼管杭箇所数: 14箇所
鋼管杭最長圧入長さ: 8.8m
最大圧入t(トン)数: 10t
基礎補強長さ: 32m
ジャッキアップ(持ち上げ)箇所数: 12箇所
ジャッキアップ(持ち上げ)量: 57mm
工事責任者: 高橋 よりコメント
駐車場を跨いで二階以上のある凝った造りの家屋でした。
傾きを承知で購入されたとのことですが、程なく傾きで気分が悪くなるようになった、とご相談をいただきました。
見積書を作成する時点ではコンクリート斫りの多い作業工程でしたが、遠方から引っ越して来られたばかりでご近所に大変気を遣っておられるご様子を拝見し、着工直前に、騒音のより少ない、床下作業への変更や鋼管杭圧入位置の変更を行いました。
これら変更は、狭い場所での作業の増大や、駐車場の床コンクリートが上手く持ち上がるような工夫、ジャッキアップ時の壁の動きの監視など、多くの手間を必要としました。

しかし、工事終了時の施主様ご夫妻の満面の笑顔に、作業員全員が癒され「やって良かった」と思いました。
工事施工図
家の傾き修正アンダーピニング工事

家の傾きの施工前の状態から、どのような工事内容を行って、
最終的にどのような形で工事を終えたのかを紹介しています。

施工前
施工前図面

初期計測値では、駐車場のあたりが重点的に地盤沈下をして家を引っ張っていたため、全体的に傾いているような状態でした。

施工図面
施工図面

鋼管杭は鋼管杭を圧入する箇所
補強用鉄板は基礎補強・帯鉄板で補強を行う箇所
施工範囲は全体に悪い影響を与えている駐車場箇所を重点的に持ち上げる計画にし建物箇所も同様に床下から杭を打ち込む計画にしました。また、コンクリートの量が多いと建物の重量が全体的に多くなるため、今後の再沈下防止にもしっかりと杭で支えることが有効になります。

施工後
施工後

計画通りしっかりと家の傾きがなくなり、今後も駐車場のコンクリートの重さはかわりませんが、しっかりと杭で支えているため再沈下をすることはありません。

工事写真
1.施工前状況、掘削作業
  • 写真画像1
  • 写真画像2
2.基礎補強
  • 写真画像3
  • 写真画像4
  • 写真画像5
3.鋼管杭圧入
  • 写真画像6
  • 写真画像7

    溶接繋ぎ

  • 写真画像8

    床下作業

4.ジャッキアップ
  • 写真画像9
  • 写真画像10

    ジャッキアップ後

5.鋼管杭固定
  • 写真画像11

    固定溶接

  • 写真画像12

    鋼管杭固定

  • 写真画像13

    杭頭処理

6.基礎下モルタル注入
  • 写真画像14
  • 写真画像15

    駐車場下モルタル注入

7.防錆剤塗布 埋め戻し
  • 写真画像16
  • 写真画像17
  • 写真画像18
8.工事前後比較
  • 写真画像19

    施工前

  • 写真画像20

    施工後

  • 写真画像21

    施工前(擁壁)

  • 写真画像22

    施工後(擁壁)

岡山県の施工実績一覧です。

合計工事件数:3

オプトのアンダーピニング修正工事では、下記の項目が重要な要素となります。
基礎の形状、杭数、最長杭の長さや基礎補強の長さによって工期や施工価格が決定しています。
参考にしたいリストをクリックすると詳細をご覧いただけます。

※一部、詳細をご覧いただけない施工事例もあります。

場所 時期 工事名 基礎形状 杭数
(本)
最長杭の
長さ
(m)
基礎補強の
長さ
(m)
持ち上げ量
(mm)
岡山市 2017年10月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 6 5.5 23 28
岡山市 2017年3月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 14 8.8 32 57
笠岡市 2012年8月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正工事
ブロック基礎 12 4.5 43 46

場所:施工場所
時期:施工時期
工事名:どのような工事を行ったか
価格帯(税込):おおよその価格帯
基礎形状:基礎の形状(ベタ基礎/布基礎/無筋布基礎/ブロック基礎など)
杭数(本):鋼管杭を施工した箇所本数
最長杭の長さ(m):鋼管杭が最長何m地中に入って家屋を支えているかのメートル数
基礎補強の長さ(m):基礎に鉄板を施工し、基礎の補強を行った範囲
持ち上げ量(mm):ジャッキアップにより家屋を持ち上げた量