広島から西日本、そして全国へ 傾いた家を持ち上げ、快適な生活を!有限会社オプト

奈良県生駒市I様邸 - 2020年7月の施工実績 | 家の傾き修理・地盤沈下修正なら有限会社オプト

ホームページからのお問い合わせはこちらから

奈良県生駒市I様邸

工事データ

工事時期: 2020年7月
工事内容: アンダーピニング沈下修正工事 (家の傾き修正)
基礎の形状: 布基礎
鋼管杭箇所数: 15箇所
鋼管杭最長圧入長さ: 11.9m
最大圧入t(トン)数: 10t
基礎補強長さ: 43m
ジャッキアップ(持ち上げ)箇所数: 15箇所
ジャッキアップ(持ち上げ)量: 45mm
工事責任者: 道生 隆治 よりコメント
鉄骨造、外壁はコンクリートブロックの特殊な構造のお家でした。
リフォームを機に傾きを解消したいとのご依頼でした。
リフォームの内容を踏まえなが工事の計画をしていきました。
これまでの増築やリフォーム歴もあり、工事を進めながら計画の修正が必要となる難しい工事でしたが、無事ジャッキアップも完了でき、やりがいのある作業となりました。
工事期間の延長も快くご了承いただき、またたくさんのお気遣いをいただき、本当にありがとうございました!
工事施工図
家の傾き修正アンダーピニング工事

家の傾きの施工前の状態から、どのような工事内容を行って、
最終的にどのような形で工事を終えたのかを紹介しています。

施工前
施工前図面

家の傾き修正前の計測状況です。図面下側から上に向かって傾きが出ています。布基礎のため、傾き度合いが均一ではなく部分部分で変わっています。特に図面の右上が大きな傾きを生じていたり、キッチンから左側も大きな傾きが生じていました。

施工図面
施工図面

鋼管杭は鋼管杭を圧入する箇所
補強用鉄板は基礎補強・帯鉄板で補強を行う箇所
施工計画では、傾きの原因となっているのを図面上側の壁面として、その面を重点的にジャッキアップする計画とし、家全体のバランスを均一に保つためにしっかりと基礎補強で家全体を一体化させ要所に鋼管杭を施工する計画としました。

施工後
施工後

家の傾き施工完了後の計測結果です。家全体でしっかりとバランスをとれて傾きをなくすことができました。図面にして数字をみるとバラついているように見えますが全て単位はmmなので3/1000や6/1000という基準に入るように施工できているため傾きを感じることはありません。

工事写真
1.掘削作業
  • 写真画像1
  • 写真画像2
2.基礎補強
  • 写真画像3
  • 写真画像4
3.鋼管杭圧入
  • 写真画像5
  • 写真画像6
4.ジャッキアップ
  • 写真画像7
  • 写真画像8
5.鋼管杭固定
  • 写真画像9
  • 写真画像10
6.基礎下モルタル注入
  • 写真画像11
  • 写真画像12
7.埋め戻し
  • 写真画像13
  • 写真画像14

奈良県の施工実績一覧です。

合計工事件数:12

オプトのアンダーピニング修正工事では、下記の項目が重要な要素となります。
基礎の形状、杭数、最長杭の長さや基礎補強の長さによって工期や施工価格が決定しています。
参考にしたいリストをクリックすると詳細をご覧いただけます。

※一部、詳細をご覧いただけない施工事例もあります。

場所 時期 工事名 基礎形状 杭数
(本)
最長杭の
長さ
(m)
基礎補強の
長さ
(m)
持ち上げ量
(mm)
生駒市東松ヶ丘 2020年7月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 15 11.9 43 45
生駒市壱分町 2020年5月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 3 7.1 5 20
生駒郡三郷町勢野西 2019年10月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 22 19.8 67 37
宇陀市室生大野 2015年1月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 16 9.4 45 104

場所:施工場所
時期:施工時期
工事名:どのような工事を行ったか
価格帯(税込):おおよその価格帯
基礎形状:基礎の形状(ベタ基礎/布基礎/無筋布基礎/ブロック基礎など)
杭数(本):鋼管杭を施工した箇所本数
最長杭の長さ(m):鋼管杭が最長何m地中に入って家屋を支えているかのメートル数
基礎補強の長さ(m):基礎に鉄板を施工し、基礎の補強を行った範囲
持ち上げ量(mm):ジャッキアップにより家屋を持ち上げた量