兵庫県神戸市S様邸 - 2018年2月の施工実績 | 家の傾き修理・地盤沈下修正なら有限会社オプト

ホームページからのお問い合わせはこちらから

兵庫県神戸市S様邸

工事データ

工事時期: 2018年2月
工事内容: アンダーピニング沈下修正工事 (家の傾き修正)
基礎の形状: 布基礎
鋼管杭箇所数: 20箇所
鋼管杭最長圧入長さ: 5.5m
最大圧入t(トン)数: 10t
基礎補強長さ: 36m
ジャッキアップ(持ち上げ)箇所数: 20箇所
ジャッキアップ(持ち上げ)量: 97mm
工事責任者: 高橋 よりコメント
玄関側に数メートルの擁壁があるお家で、阪神淡路大震災の際、その方向に大きく傾いていたようです。相続等をきっかけに解体後売却か、修繕して現住居から移り住むかの選択の際、弊社を知ってご相談されたとのこと。
現地調査の際には分からなかったのですが、お家の基礎が擁壁の上に乗せられた構造である事が、工事を進めていく中で判明しました。なかなかの難工事となりました。鋼管杭の圧入を3箇所増やすこととなり、工期は予定の2倍となりましたが、当初お客様とお約束した金額での工事です。施主様は離れた地区にお住まいでしたが、毎日のように施工の様子を見に来られお気遣いいただきました。
ジャッキアップ後、施主様自前の水平器であちらこちらを測り「直ってる~」と驚きのご様子が印象的でした。弊社の沈下修正後には、玄関やバス・トイレ、庭への水道延長など予定されており「今からが大変」と笑みを浮かべながら話されていました。
工事施工図
家の傾き修正アンダーピニング工事

家の傾きの施工前の状態から、どのような工事内容を行って、
最終的にどのような形で工事を終えたのかを紹介しています。

施工前
施工前図面

家全体で10cmの傾きがでていました。図面でお分りいただけるように面積はそれほど大きくないため傾きを体感できる状況でした。また、布基礎で家全体が多少バラついた傾きをしていました。

施工図面
施工図面

鋼管杭は鋼管杭を圧入する箇所
補強用鉄板は基礎補強・帯鉄板で補強を行う箇所
施工計画では家の外周部を全体的に持ち上げる計画と、家の中側のバランスが崩れないように補助するように計画をたてました。

施工後
施工後

施工完了後は、家の傾きはなくなりほぼ水平な状態になりました。また、家のバランスもしっかりとよくすることができました。

工事写真
1.掘削作業
  • 写真画像1
  • 写真画像2
2.基礎補強
  • 写真画像3
  • 写真画像4
3.鋼管杭圧入
  • 写真画像5
  • 写真画像6
4.ジャッキアップ
  • 写真画像7
  • 写真画像8
5.鋼管杭固定
  • 写真画像9
  • 写真画像10
6.基礎下モルタル注入
  • 写真画像11
  • 写真画像12
7.埋め戻し
  • 写真画像13
  • 写真画像14

兵庫県の施工実績一覧です。

合計工事件数:6

オプトのアンダーピニング修正工事では、下記の項目が重要な要素となります。
基礎の形状、杭数、最長杭の長さや基礎補強の長さによって工期や施工価格が決定しています。
参考にしたいリストをクリックすると詳細をご覧いただけます。

※一部、詳細をご覧いただけない施工事例もあります。

場所 時期 工事名 基礎形状 杭数
(本)
最長杭の
長さ
(m)
基礎補強の
長さ
(m)
持ち上げ量
(mm)
堺市 2018年3月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
ベタ基礎 5 8.1 18 35
神戸市 2018年2月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 20 5.5 36 97
神戸市 2017年5月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
1階外壁と一体のコンクリートブロック基礎 13 9.7 30 220
姫路市 2015年8月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎(防湿コン) 10 5.3 40 50
赤穂市 2015年2月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 14 5.3 45 60
宍粟市 2013年3月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 14 3.6 30 76

場所:施工場所
時期:施工時期
工事名:どのような工事を行ったか
価格帯(税込):おおよその価格帯
基礎形状:基礎の形状(ベタ基礎/布基礎/無筋布基礎/ブロック基礎など)
杭数(本):鋼管杭を施工した箇所本数
最長杭の長さ(m):鋼管杭が最長何m地中に入って家屋を支えているかのメートル数
基礎補強の長さ(m):基礎に鉄板を施工し、基礎の補強を行った範囲
持ち上げ量(mm):ジャッキアップにより家屋を持ち上げた量