広島から西日本、そして全国へ 傾いた家を持ち上げ、快適な生活を!有限会社オプト

京都府京都市Y様邸 - 2020年5月の施工実績 | 家の傾き修理・地盤沈下修正なら有限会社オプト

ホームページからのお問い合わせはこちらから

京都府京都市Y様邸

工事データ

工事時期: 2020年5月
工事内容: アンダーピニング沈下修正工事 (家の傾き修正)
基礎の形状: 布基礎
鋼管杭箇所数: 8箇所
鋼管杭最長圧入長さ: 4.5m
最大圧入t(トン)数: 10t
基礎補強長さ: 23m
ジャッキアップ(持ち上げ)箇所数: 8箇所
ジャッキアップ(持ち上げ)量: 40mm
工事責任者: 道生 隆治 よりコメント
近隣との間が40㎝で工事できますか?とのご相談から始まりました。
費用面を施主様と相談しながら計画をたてました。
沈下修正後には開け閉めがしにくかったドア等の不具合も解消し、喜んでいただけました。
工事期間中は色々とお気遣いをいただき、感謝しております。
オプトでは、人力のみで運べる機材での工事でですので、狭い敷地でも工事可能です!
工事施工図
家の傾き修正アンダーピニング工事

家の傾きの施工前の状態から、どのような工事内容を行って、
最終的にどのような形で工事を終えたのかを紹介しています。

施工前
施工前図面

家の傾き修正前の計測状況です。玄関を基点に家の奥に進むにつれて傾きが大きくなっていました。また家屋の隣地境界が40cmととても狭い中での工事でした。

施工図面
施工図面

鋼管杭は鋼管杭を圧入する箇所
補強用鉄板は基礎補強・帯鉄板で補強を行う箇所
施工計画では、基礎が布基礎であり、傾きが特に図面左に向かってきつくなっている状態、そして隣地との境界が狭いことも加味して、部分矯正と室内側からの施工を計画しました。

施工後
施工後

施工計画完了後です。図面では数字が残っているように見えますが、家全体で見たときには3/1000以内、6/1000には入っているためほぼ傾きを感じることはありません。また、1階での計測のため2階も施工前は傾きを感じていましたが、施工完了後は感じることはなくなりました。傾きが原因で建具まわりでの開閉不具合なども施工前にはありましたが、施工完了後は解消されました。

工事写真
1.掘削作業
  • 写真画像1
  • 写真画像2
2.基礎補強
  • 写真画像3
  • 写真画像4
3.鋼管杭圧入
  • 写真画像5
  • 写真画像6
4.ジャッキアップ
  • 写真画像7
  • 写真画像8
5.鋼管杭固定
  • 写真画像9
  • 写真画像10
6.基礎下モルタル注入
  • 写真画像11
  • 写真画像12
7.埋め戻し
  • 写真画像13
  • 写真画像14

京都府の施工実績一覧です。

合計工事件数:4

オプトのアンダーピニング修正工事では、下記の項目が重要な要素となります。
基礎の形状、杭数、最長杭の長さや基礎補強の長さによって工期や施工価格が決定しています。
参考にしたいリストをクリックすると詳細をご覧いただけます。

※一部、詳細をご覧いただけない施工事例もあります。

場所 時期 工事名 基礎形状 杭数
(本)
最長杭の
長さ
(m)
基礎補強の
長さ
(m)
持ち上げ量
(mm)
京都市山科区大宅細田町 2020年5月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 8 4.5 23 40
京都市左京区北白川下別当町 2020年2月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 9 4 35 45
京都市左京区真如町 2016年9月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
無筋布基礎 15 5.3 31 168
京都市北区紫野石龍町 2013年6月 アンダーピニング沈下防止工事
家の傾き修正
布基礎 4 2.2 8 0

場所:施工場所
時期:施工時期
工事名:どのような工事を行ったか
価格帯(税込):おおよその価格帯
基礎形状:基礎の形状(ベタ基礎/布基礎/無筋布基礎/ブロック基礎など)
杭数(本):鋼管杭を施工した箇所本数
最長杭の長さ(m):鋼管杭が最長何m地中に入って家屋を支えているかのメートル数
基礎補強の長さ(m):基礎に鉄板を施工し、基礎の補強を行った範囲
持ち上げ量(mm):ジャッキアップにより家屋を持ち上げた量