広島から西日本、そして全国へ 傾いた家を持ち上げ、快適な生活を!有限会社オプト

京都府京都市K様邸 - 2020年2月の施工実績 | 家の傾き修理・地盤沈下修正なら有限会社オプト

ホームページからのお問い合わせはこちらから

京都府京都市K様邸

工事データ

工事時期: 2020年2月
工事内容: アンダーピニング沈下修正工事 (家の傾き修正)
基礎の形状: 布基礎
鋼管杭箇所数: 9箇所
鋼管杭最長圧入長さ: 4m
最大圧入t(トン)数: 10t
基礎補強長さ: 35m
ジャッキアップ(持ち上げ)箇所数: 9箇所
ジャッキアップ(持ち上げ)量: 45mm
工事責任者: 道生 隆治 よりコメント
長らく、家の傾きで悩まれていたそうです。浴室のリフォームの際に、傾きの修正もされたそうですが、また沈下してしまったそうです。サッシや扉なども至る箇所で不具合がありました。工事を始めてみると沈下の見られる範囲の基礎の下は空洞となっていました。沈下防止の杭を施工しますので、今後も安心です。ジャッキアップ後にはサッシや扉の不具合もしっかり解消し、大変喜んでいただきました。ご家族には、色々と良くしていただき、感謝しております。ありがとうございました。
工事施工図
家の傾き修正アンダーピニング工事

家の傾きの施工前の状態から、どのような工事内容を行って、
最終的にどのような形で工事を終えたのかを紹介しています。

施工前
施工前図面

家の傾き施工前の初期計測です。図面真ん中から下に向かって傾きが生じている状況がわかります。また、浴室まわりは以前にリフォームを一度されていてその際に傾きも直したことがあったが再沈下をしたということを伺いました。

施工図面
施工図面

鋼管杭は鋼管杭を圧入する箇所
補強用鉄板は基礎補強・帯鉄板で補強を行う箇所
施工計画では、初期計測でわかった図面真ん中から下に向けての部分を重点的に直す部分矯正を行いました。また、再沈下を起こしている浴室部分は今回の工事で今後は再沈下をしないように計画をたてました。

施工後
施工後

家の傾きの施工完了後です。修正箇所はしっかりと沈下がなくなり家の傾きを取り除くことができました。また、オプトの家の傾き施工はアンダーピニング 工法という地中に鋼管杭を圧入し、その鋼管杭で家を支える工事とするため今後も地面が何かしらの原因で沈下したとしても家は再沈下することがない工法です。今回は浴室箇所は再沈下で傾きが生じているため、今回の工事で今後は再沈下をすることはなくなりお施主様にも安心していただきました。

工事写真
1.掘削作業
  • 写真画像1
2.基礎補強
  • 写真画像2
  • 写真画像3
3.鋼管杭圧入
  • 写真画像4
  • 写真画像5
4.ジャッキアップ
  • 写真画像6
  • 写真画像7
5.鋼管杭固定
  • 写真画像8
  • 写真画像9
6.基礎下モルタル注入
  • 写真画像10
  • 写真画像11
7.埋め戻し
  • 写真画像12

京都府の施工実績一覧です。

合計工事件数:3

オプトのアンダーピニング修正工事では、下記の項目が重要な要素となります。
基礎の形状、杭数、最長杭の長さや基礎補強の長さによって工期や施工価格が決定しています。
参考にしたいリストをクリックすると詳細をご覧いただけます。

※一部、詳細をご覧いただけない施工事例もあります。

場所 時期 工事名 基礎形状 杭数
(本)
最長杭の
長さ
(m)
基礎補強の
長さ
(m)
持ち上げ量
(mm)
京都市 2020年2月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
布基礎 9 4 35 45
京都市 2016年9月 アンダーピニング沈下修正工事
家の傾き修正
無筋布基礎 15 5.3 31 168
京都市 2013年6月 アンダーピニング沈下防止工事
家の傾き修正
布基礎 4 2.2 8 0

場所:施工場所
時期:施工時期
工事名:どのような工事を行ったか
価格帯(税込):おおよその価格帯
基礎形状:基礎の形状(ベタ基礎/布基礎/無筋布基礎/ブロック基礎など)
杭数(本):鋼管杭を施工した箇所本数
最長杭の長さ(m):鋼管杭が最長何m地中に入って家屋を支えているかのメートル数
基礎補強の長さ(m):基礎に鉄板を施工し、基礎の補強を行った範囲
持ち上げ量(mm):ジャッキアップにより家屋を持ち上げた量